カゼをひかない体質を作る方法

よく風邪は万病のもとだと言います。
しかも、風邪は季節関係なくひいてしまいます。
そこで、自宅でもできる風邪予防法を見てみましょう。

とにかく、予防の基本はうがいと手洗いです。
だけど、この程度なら誰でもやっていることだと思います。

ちなみに、うがいも水でなく緑茶にすると効果が増します。
特にのどが痛い時は特に緑茶のうがいがいいそうです。
それは緑茶に含まれるカテキンが抗菌・抗ウイルス効果があるからです。

しかも、漢方では緑茶に解毒と炎症を抑える働きがあると考えられているんだそうです。

やっぱり、早寝が一番です。

とにかく、体の調子が良くない時はなるたけ早めに寝るのが一番です。
大体、睡眠不足はどうしても、抵抗力が低下します。
抵抗力が低下すれば、風邪をひきやすくなります。

風邪に対抗するためには体の中から温めましょう。

そのために必要なのがショウガです。

というのも、ショウガには体を温める効果があります。
他にもせきや吐き気、おう吐を鎮める作用があります。
ただ、胃腸が弱っている人は沢山食べると胸やけなどを起こす場合があります。

なので、体質やその時の体調を考えて摂取する必要があります。
次はビタミンCを沢山取る取ることです。

それはビタミンの中でもビタミンCが免疫力を高める効果が高いからです。
ちなみにビタミンCが多く含まれている野菜はブロッコリーやパプリカです。
そして、果物ならミカンやイチゴ、キウイなどに豊富に含まれています。

さて、体を鍛えることも風邪予防に役立ちます。
つまり、体力をつけることです。

体力をつけることで風邪に対する抵抗力が強くなります。
つまり、日ごろから体力をつけ規則正しい食事をすることが大切です。
それに体力と同時に筋肉もつきます。

しかも筋肉がつくと免疫力も上がります。

最後に風邪の予防は日ごろからの心掛けが必要です。
それに幾つかの方法を組み合わせることによって風邪をひかなくても済むようになります